転勤パパママから聞く、八戸市の残念な状況! デーリー東北さんが取り上げてくれました。

子育て支援活動している私が、

八戸市に転勤して来た、ママさんパパさんから聞いて残念なこと。

 

「子どもを病院に連れて行ったら、治療費請求され、びっくり!!!!

 前に住んでいたところでは、無料だったのになんで?」

 

そうなんです、残念なことに、我が八戸市。

 

少子化対策として、子どもを育てやすい環境づくりのため
子どもの医療費助成を行い全国的にすでに半分以上の市町村で
所得制限なしの無料なんです。


ね!びっくりでしょ! 


青森県でみると、津軽地方の市町村が無料の市町村が多いのです。

iryou2

 

そうです、津軽に負けてます(笑)

 


なので、青森市から八戸市に転勤した来た

Uさん家族もびっくりと言うか、ショック!

家計の見直しに迫られたそうです。

 

そんな県南地方ですが、今年に入り三沢市が
無料になりました!

やるね、国際都市三沢、子育てに優しい街へ

三沢のママさん、パパさん、良かったね。

 

だから、我ら中核都市の八戸市も!!!!


せめて青森市と同じ所得制限になってほしいです!!!!

 

※青森市所得制限 年収570万円に対して、八戸市年収270万円以下なんだよ〜、

もちろん、近隣の市町村も残念な状況(><)

県民の所得(給料)が低い所に、さらに、医療費負担。子育て費用負担なのだ!

 

海の幸も、山の幸も美味しい南部地方!

子育てしやすい地域として、移住、定住者も増えるエリアにしたいですね。

そのためには、根本的なところは、子どもを産み、育てやすい医療制度。

子どもをたくさん、産みたいと思う地域文化づくり、コミュニティ作りですね。

今日の新聞記事も読んでね。

 

kiji

The following two tabs change content below.
Profile photo of アンパンパパ

アンパンパパ

18歳と12歳の二人の娘を持つ父親です。マイブームはエイジングケア。ジムに通い食事制限、お酒も控え、細マッチョを目標にトライしています。 次女の小学校では図書委員で、絵本読み聞かせにハマっています。

Leave a Reply

投稿記事広告ーボトム