中学生対象の「初めての男女共同参画」にゲストスピーカーで、お話させていただきました。

11月30日(木曜日)南部町 楽々ホールにて開催された、

中学生対象の「初めての男女共同参画」にて

パパママふぁいと協会の活動を紹介させていただきました。

 

今回、NPO法人なんぶねっとの四戸さんからのご依頼のおかげで、

これまでのパパママふぁいとの10年を振り返ることができました。

 

P1000736

 

その中から、長女が中学生のときに、

「学校へ将来の夢って、書いて出さなきゃならないだけど

夢ないから書けない」と言われたことをきっかけに、

仲間に相談して、始めたのが

夢づくり道場でした。

こちらです、2012、もう5年前になります。

次女が、小学2年でした。

夢づくり道場_ページ_1

夢づくり道場_ページ_2

この時は、

ごっこ遊びコーチの才神さん、

夢づくりコーチの佐々木優子さんに

お願いして、4回、開催しました。

目的は、子どもたちが、自分の可能性に気づくこと、

できると思う意識を持つと

創造以上の力を発揮できること。

それを自分一人ではなく、

仲間と保護者と一緒に

なんどもなんども、

繰り返すことで、習慣化、できることが当たり前に!

 

そのときに、プロモーションビデオも作成しました。
アフレコは、次女と私です。動画編集を長女が作りました。

テーマは、男女共同参画でした。

私は、子育て視点からの男女共同参画のお話をさせていただきましたが

対象が、中学生ということもあり、

ピンと来ないのでは? と思いましたが。

中学生の感想の中で、

「母親の家事をお手伝いしたい」

「子どもがどんなに大事にされているか気づいた」

などの声を聞いて、少しでもお役に立てたことに安心いたしました。

P1000742
P1000744

The following two tabs change content below.
Profile photo of アンパンパパ

アンパンパパ

22歳と15歳の二人の娘を持つ父親です。 デーリー東北新聞に「ダメパパのための育メン道場」を連載、自分の体験も含め、新前パパに子どもと仲良く、ママに愛される極意18を伝えています。 子育ては半々でと結婚時に約束したことから、一人で保育園や病院へ連れて行く日常からパパ目線からの育児に気づき、このサイトを立ち上げています。

Leave a Reply

投稿記事広告ーボトム