「書を捨て、子どもとフェスティバルへでよう!」寺山修司記念館フェスティバル 三上博史ライブ他!

ゴールデンウィーク恒例!

寺山修司記念館フェスティバル

詩人、「書を捨て、町へでよう」を読むもよし、

しかし、

「書を捨て、子どもとフェスティバルへでる」もよいかも!

 

 

詳しくは、チラシを見てね。

terayama1030

terayama2031

 

 

The following two tabs change content below.
Profile photo of アンパンパパ

アンパンパパ

22歳と15歳の二人の娘を持つ父親です。 デーリー東北新聞に「ダメパパのための育メン道場」を連載、自分の体験も含め、新前パパに子どもと仲良く、ママに愛される極意18を伝えています。 子育ては半々でと結婚時に約束したことから、一人で保育園や病院へ連れて行く日常からパパ目線からの育児に気づき、このサイトを立ち上げています。

Leave a Reply

投稿記事広告ーボトム