異年齢児保育が主体の長坂保育園! 子どもの時から人づくり、能力づくりに感銘!!

n-3-500x375


朝のあいさつ運動

八戸市保育園連合会の川口会長さんが園長をつとめる、長坂保育園さんに

2月の中旬に訪問してきました。

長坂保育園さんの特徴に、ついてお伺いしてみました。

最大の特徴は、「異年齢児保育」で、子どもの時から人づくりと能力づくりの
ために、取り入れて、すでに10年以上経っているそうです。

その「異年齢児保育」のメリットについて、聞いてみました。
長坂保育園では、3歳〜5歳を異年齢児保育を行っており、
2つのグループに分け、それぞれに保育士が数人配置しているそうです。
(他、0~1歳、2歳児クラスあり)

よく、年齢差があるのに「子どもの発達にあわせた保育が十分にできるの?」と
質問を受けるそうですが、ここがとても重要なことなんだそうです。

川口園長先生のお話では、社会では、異年齢でのコミュニケーションが当たり前になります。
だからこそ幼児期のうちに、同学年だけでの遊びや学習体験では、得られにくい「人づくり」を
異年齢児のグループをつくることで育むそうです。そのために、長坂保育園では、
この異年齢児保育を全生活の9割の時間をつくって行っているそうです。
(他園の異年齢児保育を行っている園は、2割、5割くらいが多い)

なぜ、これほどまでに異年齢児に保育に時間をおくのか、聞いてみると
園児の成長や能力差があるからこそ、この教育方法が効果的なんだそうです。

例えば、りんごむきなどができるようになった5歳児は、まだ上手にできない4歳児に
教えるそうです、この教えることでさらに、教えた子がさらに上手になっていくそうです。
5歳児が認められることで、自分に自信をもち、さらに難しいことにチャレンジしていく。
また、3歳児同士のけんかを5歳児が止めにはいったりすることで、学ぶそうです。
園のエピソードとしては、逆に5歳児同士のけんかに、3歳児が止めに入ったこともあり、
異年齢児保育ならではの、出来事みたいです。

さらに、異年齢児保育は、保育士が教えるのでなく、園児が自ら学ぶ、遊ぶように
仕掛けているそうなんです。おにいちゃん、おねえちゃんから遊びながら、いろんなことを
学び、年齢差があってもコミュニケーションが次第に上手になるんですね。

なので、長坂保育園を卒業した園児は、小学校にあがってからも普通に、1年生が2〜3年生の
教室に遊びに行くそうです。またその逆もあるそうです。

なるほどな〜と感心していた私は、このお話をきいていて、思いあたることがありました。
そういえば、小規模小学校では、人数少ないせいで、異年齢児童での教育になっています。

この小規模小学校から、中学校へあがってきた子をみると「なるほど」と思ってしまいます。
落ちこぼれがない、いじめがない、全体的に成績優秀みたいです。
(ウチの高1の長女の中学校の時の感想です。)

異年齢児保育は、この小規模でなくとも大人数でも、グループをつくることで実現しているみたいです。
まさしくこれって、フィランド式教育法と似ていますね

n-1-500x375

セミバイキング式給食。その日の園児の体調により量の加減を行っている。

食育にチカラをいれており、園の畑で野菜づくりや料理体験も多く行っている。

n-2-500x375

長坂保育園のホームページはこちら

[mappress mapid=”23″] 

 

The following two tabs change content below.
Profile photo of アンパンパパ

アンパンパパ

20歳と13歳の二人の娘を持つ父親です。マイブームは筋トレ。ジムに通い食事制限、お酒も控え、細マッチョを目標にトライしています。

Leave a Reply

投稿記事広告ーボトム